第1回目のクラスを開催しました

今月から、先生をお招きして「じぶんのうみにもぐるじかん」という名前のヨガのクラスを始めることになりました。

講師は、奈良にお住まいの、あきさん。

長くヨガの先生をしながら、ご自身の世界を探求され、独自のヨガプログラムを作られた方です。


わたしがあきさんをお招きしたいと思ったのは、あきさんが今までのわたしにはなかった視点を持つよう導いてくれたからです。

“人間が中心となった視点” からずれた視点を教えてくれた、と言ったらいいでしょうか。

それはまるで、海の底からひとり静かに、海上にある人間の世界を見上げている感覚でもありました。


生も死も超えた、大局的なところから物事を見ている声を発する人だなぁ、というのが、初めてクラスを受けたときの印象で、それはとても衝撃でもありました。

新しい視点を持つということは、言い換えると、もうそれまでの見方では見ることができなくなっていくということですから、それは少し怖いことでもありました。

ですが、その怖さよりも、好奇心の方が勝ったから、このクラスを始めることができたのだと思います。


今日は、第1回目のクラスを開催しました。


まず、あきさんのお話の中から、このクラスが目指していることについて、まとめてみたいと思います。


このクラスの目指すところは、みんなで一緒に少しずつ二元性の世界から離れて、一元性の世界を体感していけるようにしていくこと

言い換えると、善悪、美醜、上下、自分と他者といって二極の対立したものがある、という見方から解放されていく、ということ。


そのために、まずはからだを緩めることが大事。

なぜかというと、からだが深くゆるんだときに、真の集中力が発揮され、その集中力によってはじめて、本質を見出すことができるから。


なのでクラスでは、

Attention with no tention

(緊張のない状態での集中)を大事にします。


レッスンでは、からだの各場所を繊細に感じ取りながら微妙な動きをしていきます。

あきさんのインストラクションに従っているうちに、深く深くからだがゆるんでいくのを感じました。


そして、深くゆるんではじめて、二元性の世界で生きること自体が、緊張を強いられることでもあるんだなぁと気づきました。


レッスン後は質疑応答が盛り上がりました。

初回からかなり、本質的でつっこんだお話になり、個人的にとても面白かったです。


今回参加してくださった方は全員次回も参加希望をされ、このクラスが参加されたみなさんにとってもよい時間だったことが分かり、それも嬉しかったです。


今回参加できなかった方も、今後ぜひご参加ください。



◆今後の開催予定

 12月21日(水)10:30~13:30

  参加費:4,000円(当日お支払い)

  お申込:直接メッセージをください


◆専用公式ライン

 今後、このクラスを一緒に受けてくださる方を募集中です。

 じぶんのうみにもぐるじかんの専用公式ラインです。

 今後の開催予定などをリアルタイムにご案内しますので、ご興味ある方は登録をお待ちしています。

Ram-Ram's Room

~in the green~

0コメント

  • 1000 / 1000