“聴く 力”を育て 、自己理解を深める カウンセリング入門 実践 講座

ファシリテーター:米澤紗智江

         (臨床心理士・公認心理士)

 “聴く力”は、すべての対人援助の基礎であるといえます。日々私たちが出会う相手が、何に関心を持ち、何を求め、何を伝えたいのかについて理解するためには、「相手の目で見、相手の耳で聞き、相手の肌で感じる」ように聴く態度が求められます。この講座は、実践を通してそれを体験的に学ぶ場です。

講座では、こちらからの言葉の出し方、質問の基本的な種類やその使い分け方、相手から出た言葉の聴き分け方や返答の仕方などについて、ポイントをおさえていきます。そして、実際の練習とディスカッションを通しながら、“相手の関心に関心を向ける”ということはどういうことなのかを考えていきます。最終的には、相手と信頼関係を築きながら訴えやニーズを理解し、お互いに目標を共有するところまでのやりとりができるようになることを到達目標としています。

 この講座は対人援助職としての臨床技術の向上を目指しますが、一方でそれは実践者本人が自分自身に対する理解を深めていく過程に他なりません。実践をしていると、相手の言葉を聴くときにいかに自分の主観が入りやすいかに気づき、驚くかもしれません。まさにそこに、聴く側の思考の癖やこだわりがあらわれています。相手を理解することと、自分を理解することとは、密接に関連しています。ですからこの講座の内容は、自己理解を深めるプロセスでもあります。


※ コロナウイルス流行拡大のため、今回はzoomでの開催に切り替えました。

 3月の開催は定員に達しました。

 今後、月に1回のペースで講座を開催する予定です。

 今後の案内をご希望の方は、お問い合わせページよりその旨をご連絡いただけましたらこちらからお送りいたします。


日 時:2020年3月20日(祝)

    ①10:00~13:00 ※定員になりました 

    ②14:30~17:30 ※定員になりました

参加費:3,500円

会 場:プライベートサロン Ram-Ram’s Room ~in the Green~

     JR山崎駅より徒歩10分、阪急大山崎駅より徒歩13分

ご予約いただいた方に、アクセス地図をお送りいたします。

 お申込み:こちらより、参加の旨をお伝えください


■ 本講座では、以下のようなことを目指します

・対人援助におけるコミュニケーションの基礎力をつける

・相手が何を求めているのか、何を言わんとしているのかを理解する

・共感的な聴き方を身に着ける

・ポイントを押さえて聴く

・適切な言葉の出し方、質問の使い分け方を学ぶ

・心理カウンセリングの基本的なスキルを磨く

・ついついやってしまう自分の癖に気づく

・自分の思考のクセに気づき、自己理解を深める


※ 参加資格は特に設けていませんが、内容は対人援助職に従事している方向けです。

※ 今後、月に1度のペースで開催を継続する予定です。今後の予定を知りたい方は、HPで日程をご確認いただくか、ご一報いただけましたら定期的に日程をご連絡いたします。

※ 遠方の方でこの講座を希望される方は、4名集まればスカイプで開催可能です。詳しくはご相談ください。


■ 山崎こころとからだ研究会 (ラムラム・ラボ)とは?

大阪府三島郡にあるプライベートサロン “Ram-Ram’s Room(ラムラム・ルーム)” で開催している小さな研究会です。こころとからだ、そしてそれらのつながりについて様々な角度から理解を深め、それが生き方にも響を及ぼすという考えをベースに、さまざまな試みをしてみたいと思っています。専門職としてスキルアップしたい方のサポートにも力を入れていく予定です。この講座以外にも、今後様々な講座やワークショップを開催する予定です。皆様のご参加をお待ちしています。


■ Ram-Ram‘s RoomのLINE公式アカウントができました

公式アカウントを友達追加していただくと、ラムラム・ルームで開催するイベントやワークショップの情報をタイムリーにお届けいたします。イメージとしては、メーリングリスト配信をラインで受け取るような感覚です。グループラインとは違い、登録しても登録者同士のやりとりはありません。また、一対一のやり取りができますので、ご質問やお申込みなども気軽にしていただくことができます。開催情報にご興味のある方、友達追加をお待ちしています。

(専門家向け特別研究会については、現時点では基本的にメーリングリスト参加者へのみの案内とする予定です。案内をご希望の方はご一報ください。)


↓以下のとボタンを押すと、友達追加していただけます。

0コメント

  • 1000 / 1000